続・小心者の旅行遍歴

 

四日目(7)【カルタジローネ~カターニャ】(帰りの電車・・・) 

乗車、エアコン効いてないのかな?暑い。三両編成で、一番後ろの車両がいくらかマシだ。

少しでも快適な位置を探すために三両見て回ったわけだが、乗客は十人もいない。五人かもう少しといったところ。何時間ぶりかの電車だというのに、これじゃ一両で十分だな。。。
DSC06089.jpg 
ともかく出発!

駅1
DSC06091.jpg 

駅2
DSC06093.jpg
お母さんとお嬢ちゃんが反対側の電車待っている。電車あるのか???
と思っていたら、こっちの電車から降りたお父さんの出迎えでした。
順調に走っていた電車だったが、ときどきゆっくりになり、歩くようなスピードになり、とうとう止まった。止まってしまったら、なかなか走らない
どうなってるの?と思って先頭まで行ってみると、乗客は他に一人しかいなくなっていた。

先頭では
DSC06096.jpg 
運転手が電話してる。何かトラブルか?隣にもう一人いて、三両の電車に乗務員二人客二人。なかなかできない経験だな。

あかしんごう・・・
DSC06098.jpg

こんなところで放り出されたらどうする?気が気じゃなくてうろうろしているが、もう一人のお客は何も動じていない。
「落ち着いて座ってろ」
くらい思われていたかもしれない。

待って待って待って・・・
合流するのに別方向からの電車が遅れていたのか?遅れてるなら先に行かせてくれないものか?
DSC06099.jpg
(なぜ指で隠したんだったか?太陽が邪魔だった?)

車掌電話の写真からこの写真まで約30分。ということは40分近く止まってたということか。
暗かったらもっと心細かっただろうな
時々ゆっくりになるものの走り続けて空港が見えてきた。もうすぐだろう。DSC06104.jpg

カターニャの海だ。
DSC06106.jpg

40分遅れでカターニャ到着。一時間後のバスで帰るよりは早く着いた。
DSC06108.jpg 
もう一人のお客。急ぐ風でもない。

Caltagirone(16:30)  Catania(18:04→18:44)

待合室
DSC06113.jpg
ちょっと贅沢 欧州列車旅行で見た。

スポンサーサイト



Posted on 2019/12/04 Wed. 18:40 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

四日目(3)【カターニャ~カルタジローネ】(バスで移動) 

ホテルに戻って支度して出発!
DSC05936.jpg
カターニャ一泊目はこのHotel Grasi

エトネア通りをドゥオモに向かって本家のぞうさんに対面DSC05938.jpg
遠くからこんにちは

ここから東に折れて駅やバスターミナルのある方向へ。

その途中に今日のB&Bがある。ホテルと違って大きな看板などはない。google mapに頼って近くまで来た後は、原始的にインターフォンのところの小さな表札が頼り。

ちょいと迷ったけど見つけてインタフォンで呼び出して開けてもらった。3Fまでエレベータで来てくださいと。しかし、エレベータが見つからず階段で荷物を持ち上げて3Fへ。フゥフゥ

上がってみて気づいた。入り口から廊下を歩いて行くとエレベータは歩く方向と同じ方向に向いていて、影になっていて気が付かなかったんだ。
オーナーは人の好さそうな男性。30代あるいは40代かな。まだ部屋は準備できていないので荷物だけ預かってもらおう。
これからカルタジローネ行くことと、戻ってくる時間を伝えてさっそく再出発。

カターニャのバスは駅前のロータリーの中に止まっている。バスでカルタジローネに行かれた先輩のブログを参考に、チケット売り場へ。
DSC05942.jpg
売り場は駅を背にしてロータリーから出ている左側の路地Via Don Luigi Sturzoにある。

その近くへ行くと、小遣い稼ぎか親切なのか分からない人が、「バスチケットか?あそこの看板のところだ」と教えてくれた。
チップ要求されなかったし、後者かな?

何本もあるバスじゃないので乗り場の番号を確認してロータリーに戻って乗車。

バスは時刻通りに出発(10:45)。多分乗り間違いもないだろう。

バスはドゥオモの裏あたりのところで止まった。ここからでも乗れたのか。さらに空港でも停車(11:11)。
DSC05946.jpg
ここからはスイスイと。

こんなところを走って
DSC05948.jpg

カルタジローネ到着(12:21)
DSC05950.jpg


Posted on 2019/11/25 Mon. 09:58 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

三日目(4)【マルタ】(イムディーナ) 

帰りのバスはBlue Grottoから。
 DSC05542.jpg

昨日のアズールウィンドウのところでのにわか雨もあり、ちょっと天気が気になるが
DSC05545.jpg 
DSC05547.jpg 

イムディーナ到着
DSC05549.jpg 

メインゲートから
DSC05552.jpg 

イムディーナ・ダンジョン入り口。拷問博物館みたいなやつ?
DSC05556.jpg 

この中にホテルがあるんですかね?荷物コロコロさせてる。
DSC05559.jpg 

イムディーナは元々首都だったらしい。城壁に囲まれている。

あまり目立った建物がなくて、自分がどの辺歩いているのかわからなくなる。
DSC05565.jpg 

この辺で青の洞門で一緒にボートに乗った女子二人に再会。自分の方が先にバスに乗ったと思うんだが、ここは彼女たちの方が先に来ていた雰囲気。さすがプライベートツアー。
DSC05567.jpg 

堡塁広場からヴァレッタ方面?花火(?)が上げられていた。
DSC05571.jpg 

大聖堂
DSC05576.jpg 

ちょっとコミカルな感じ
DSC05578.jpg 

ユダヤの館
DSC05587.jpg 

ギリシャの館
DSC05588.jpg 

アズレージョ
DSC05594.jpg 

DSC05597.jpg 

雨模様な感じだったが晴れてきた
DSC05600.jpg 

DSC05612.jpg 

陽も出てきて歩いて暑くなってアイスの時間。1.50ユーロと書いてある。安い。。。
と思って買ったら1.80取られた???
DSC05627.jpg 

コーンは+30セントでした。
今日のアイスは以前の定番のストロベリー
DSC05628.jpg 

でも、Fragolaって書いてある
DSC05629.jpg 
イタリア語でイチゴのことですって。
Posted on 2019/11/09 Sat. 17:30 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

二日目(3)【マルタ】(ロタンダ教会) 

ゴゾ島も路線バスはあるが、観光地間を結ぶ路線は少なく、中心のヴィクトリアから放射状に走っていて、あちこち観光するにはあまり適していないらしい。

Hop On Hop Off busの初利用だ。時刻表を入手しておいて、朝のうちにどのように回るかを計画しておいた。
20191018165827820.jpg
バスはほぼ45分おき。一ヶ所の滞在時間は45xn分だ。ヴィクトリアだけは長めにとっておいた。お昼もここで食べるつもりだ。

一本余るように計画している。気に入ったところがあれば長く見ることができるし、気が変わって途中下車したいところがあればそれもできる。
もくろみどおりいきますかね?

バスのチケットはフェリーから降りた建物の中にあった。支払いは現金のみとのこと。

ではバス乗り場へ・・・

Hop On Hop Offはどこでも赤いバスだが、こんなのもあった。
DSC05078.jpg

この2つ、デザインからして同じ会社のバスみたいだけど、手前は日本語がなくて奥には日本語がある。

乗るのはこちら 
DSC05079_.jpg

教会らしき建物が見える。帰りに時間があったら寄ってみるか。
DSC05080.jpg

一番バスは乗車率低い。5人くらい。意外と不人気なのか?やっていけるのかな?
日差しがあるけど皆さん屋根のない二階席へ。

出発前に運転手が水を売りに来た。80セントだったかな?安かった。今はあるからいいけど、なくなったらバスで買おう。

それではゴゾ島観光へ出発
DSC05084.jpg

最初の目的地ロタンダ教会が見えてきた(多分)。
DSC05088.jpg

降りたのは一人。

教会内部
DSC05090.jpg 
しかし、ここで真の目的は塔に上ること。
教会に入るのはタダだけど、リフトに乗るのは3ユーロ。

同乗者はなく一人でエレベータに乗って。。。
上にいる人も他にはいなかった。独占状態。

そしてゴゾ島を見渡して
DSC05096.jpg

教会前の広場も見下ろして
DSC05100.jpg

塔がある。これも登れないかな・・・?
DSC05107.jpg

階段があるじゃないか
DSC05108.jpg

登れるのはいいけど怖い
DSC05130.jpg

高いけどさっきと比べるとあまり違わない気も・・・DSC05112.jpg

DSC05119.jpg
 
鐘突きたい
DSC05123.jpg

さて降りよう
DSC05128.jpg

下から家族連れが登ってきた。5つくらいの男の子が怖がって泣いている。
坊や、大丈夫だ。おじさんだって怖いんだ。

マルタ十字とはちょっと違うか
DSC05139.jpg 

教会を撮りたかっのに、バスがずっと邪魔してた
DSC05142.jpg 

定刻の数分前に降りたところに来たのに、バスが来たのは定刻から5分くらい過ぎていた。
まあ、そんなもんだろう。
Posted on 2019/10/18 Fri. 17:21 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

一日目(5)【マルタ】(大聖堂を見てスリーマへ) 

15:45、聖ヨハネ大聖堂の前へ。この大聖堂、平日は16:30までで、入場は16:00まで。

明日はゴゾ島行くし、明後日は青の洞門やイムディーナに時間がかかったら間に合わない。
時間が十分あるというわけじゃないけど、今日のうち入っとくか。

日本語のオーディオガイド付き。
DSC04961.jpg
「天井をご覧ください」と言われて見上げたところかな。

一方の床にはマルタ十字
DSC04965.jpg 

十字軍物語は文庫の一巻の途中までしか読んでいない。(以前に図書館で厚い本を借りて読んだかもしれない)
残りをじっくり読むのは転職して時間ができた後の楽しみの一つだ。

部屋ごとに各国の十字軍の代表者みたいな人の肖像画が描かれている。
DSC04982.jpg 

DSC04984.jpg

「美術館」も併設されている。美術館といっても、この大聖堂の一室だけだったかな。
その中で一番有名なのが、カラヴァッジョの「聖ヨハネの斬首」。
DSC04975.jpg

十字軍物語を完読したらまた行きたくなるかもしれない。
時間いっぱいまで見て、係りの人に促されるようにして大聖堂の外へ。

今日、あとはセント・ジュリアンに行っておきたい。坂道を歩いてシャトルフェリー乗り場へ。
DSC04993.jpg

結構並んでいて、もしかしたら乗り切れなくて30分後の次の船を待たねばならんのではないかと思ったが意外と乗れるもんだ。
DSC04995.jpg

ヴァレッタ、明後日また来るでしょう。
DSC04997.jpg

乗船時間は5分くらい。
DSC04999.jpg 
真ん中の茶色い丸天井の左の建物が泊まるホテル。

ヴァレッタ側を見られる位置をキープしていたら、くるっと回転して、そこは岸への架け橋(?)を出すところ。
DSC05000.jpg
一番乗りならぬ一番降りする権利があったが、写真とってたら一番撮られた・・・じゃなくて取られた。

ここでチェックインしておこう。船乗り場からすぐ。

部屋はこんな。
DSC05002.jpg 
窓開けたら海・・・だったらよかったけど、そうは問屋がおろさない。
このホテル「ロ」の字のようになってるのかな。内側が見えた。

バスタブあるけど、ちょっと清潔感がなくて。。。入らなかった。
DSC05003.jpg 

セントジュリアン行ってみよう。
出かけるときは日本の団体客がチェックインするところ。タイミングがずれていたら待たされたかもしれない。
Posted on 2019/10/07 Mon. 18:40 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △