続・小心者の旅行遍歴

 

五日目(4)【ブレーメン】(昼食とか) 

気温も上がったし階段も上がったしで体が温まった。コートは置いてウィンドブレーカーで行ってみよう。
泊まったホテルのメイン通り側のはす向かいにはibisがあった。

ホテルの前の通りを200mほど歩くと旧市街のエリア。トラムも走っている。
DSC03081.jpg

メイン通りから商店街に寄り道。
DSC03083.jpg

両替も二度目なら少しは上手に
DSC03092.jpg
スムーズに200ユーロの両替完了。ユーロの両替は結果的にはこれで最後。
キャッシュがなくてもいけるんだなぁ。。。と実感した(遅すぎ)。

アジア料理が多いけど今日は食べないよ
DSC03093.jpg

食べないってば
DSC03094.jpg

ブレーメンで地区としてウリなのがシュノーア地区。高級ショッピング街というのではなく、路地に小さなお店が集まっているところだという。おっさんだけどそういうところ歩くのが好きなので、探して行ってみたけど・・・
DSC03095.jpg
ここ?えらい閑散としているけど、看板に偽りありませんか?

どうなんですか?みなさん?
DSC03096.jpg
お勉強中で答えてくれず。

市庁舎の方に戻ってかなり遅いお昼。15:00も過ぎていた。日本にいるときは12時過ぎてお昼なんてことはまずないんだが、旅行中はお腹空いても我慢できる不思議。WOKの誘惑には負けずに、それでもすぐ食べたいのでこの日はNORDSEE
DSC03099.jpg
ココも作り置きだから凝ったものではない。

魚のフライ(レモン不要)
DSC03097.jpg

デザートも含まれるセットを頼んだようで、プリンをプラス
DSC03098.jpg
スポンサーサイト



Posted on 2019/06/29 Sat. 15:44 [edit]  /  TB: --  /  CM: 4

pagetop △

五日目(3)【ハンブルク~ブレーメン】(FlixBusで移動) 

さて、ホテルに戻ろう。帰り道は来たのとは違う道を。少し裏通り的な感じだけど、現在位置情報があるから安心。

・・・と歩いていると、AKIKOという看板が。日本のお店かなと思ってウィンドウを見てみると、やっぱりそのよう。
DSC03036.jpg

ORIGAMI
DSC03044.jpg

中に入ったら、AKIKOさんらしき方と、作業されている女性お二方。お店の中の商品も日本の手作り感があふれていました。
お邪魔しました。

ハンブルクではこのピンクの花を咲かせた木をよく見かけた。
DSC03047.jpg

運河沿いにあった建物、倒れかかっている?
DSC03052.jpg

ホテルに荷物を取りに戻ってバスターミナルへ。ハンブルクのバスターミナルは駅の近くで、来た日に駅前を歩いていたら視野に入ってきて、この鮮やかなバスも見ていたので場所は分かっていた。FlixBusからのメールにも地図があった。これだけ情報があれば俺でも迷わない。
DSC03069.jpg

乗るバスも間違わない。クラクフにも各乗り場にこんなボードがあれば乗るバスを見送ることなんてなかったのに。
DSC03072.jpg
回想:クラクフでバスに乗れなかった話

結構な乗車率。80~90%はあったかな。隣の席も埋まった。

バスは定刻通り(12:15)に出発。しかし途中少し渋滞に巻き込まれた。到着も遅れるかな?

リューベックのときと同じように自動車専用道路から一般道路に入り、信号や歩行者が増えたところでブレーメン到着。
やはり予定の13:50を少し遅れたけど許容範囲。ここもリューベックに似てバスターミナルというよりバス停といった趣の場所。
DSC03073.jpg

ブレーメンのホテルは旧市街の少し外側。トラムの通りではなくショートカットの道を歩いて行くと、中華料理屋発見。
DSC03074.jpg

日本料理(?)も発見。まずいな、もう誘惑しないでくれよ。
DSC03075.jpg

この日泊まるのはHotel Stadt Bremen
チェックインのときに朝食をどうするか聞かれた。宿泊費に含まれていないんだったか?
朝食付きにしてもらおう。

21時以降は入口を自分で開けるんですって。大丈夫かなぁ?
エレベータがなくて階段で4F(日本なら5F)への部屋へ。
DSC03076.jpg
階段上ってどーきどき
いやいや、まだまだ体力はあります。
Posted on 2019/06/27 Thu. 11:28 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

五日目(2)【ハンブルク】(ブラームス記念館) 

ドイツを代表するそうそうたる音楽家たちに見守られている
DSC02987.jpg

ここはブラームス記念館のほかに、ドイツが生んだ作曲家の記念館もある。
それらのコンビチケットを購入。
チケットを売っている「KQ」がそのままその入口になっている。

朝一なので、前にいるお客は一組。日本のおばさま二人でした。

さっそく入場すると、案内係のやさしそうなおじいさんがヘッドホンの使い方など教えてくれた。
DSC02990.jpg

そのおじいさん「君はピアノ弾ける?」と聞いてきた。
子供のころは習っていたんだが・・・
「弾けます!」と答えてきたら弾かせてくれたのかな?
DSC02991.jpg

バッハって四兄弟だっのか。。。というほど知らない。ライプツィヒのトーマス教会前にいらっしゃる方しか知らなかった。
DSC02992.jpg

鉄道では「乗り鉄」「撮り鉄」など、将棋では「指す将」「観る将」などあるが、自分は音楽でいえば僕は単に「聴く音」。

DSC02995.jpg

ブラームスじゃない方の記念館は1フロア、部屋が7つ8つありましたかね。
DSC02998.jpg

何かを食べさせたらこれが曲を奏でました。チケット売り場で前に並んでいたおばさまともう一組と一緒に椅子を並べて聴き入って。
DSC03000.jpg

DSC03003.jpg

ここからブラームス記念館でしょうか
DSC03013.jpg

DSC03014.jpg

DSC03016.jpg

DSC03018.jpg


DSC03024.jpg

DSC03027.jpg

たのしみにしていたっていうならもう少し感想を述べましょうよ。
Posted on 2019/06/25 Tue. 15:00 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

五日目(1)【ハンブルク】(今日はさわやかな朝) 

五日目も朝食を求めに駅まで遠征。このお店で夜のおやつも朝食もよく買った。
DSC02912.jpg
この日はお昼頃ブレーメンに移動の予定。チケットの自販機で時刻や値段を調べると、電車は少し速いけどバスと比べて値段が4~5倍くらい。FlixBusにしよう。

ホテルに戻って、レセプション前にあるマシーンで淹れたてコーヒーを(1だったか1.50ユーロだったか)。紙コップを下段においてボタンを押すも何も出ない。ホテルマンに聞いたらこの中段に置くんだとか。この台が紙コップを感知してコーヒーを抽出するんだろうか?
DSC02913.jpg

今朝の朝食はコチラ。フルーツは二日連続。前日はイチゴが一切れもなくて、イチゴだけのカップかこの盛り合わせカップかの選択を迫られたが、この日の盛り合わせにはイチゴもちらほら。
DSC02914.jpg
パンもおいしかった。フランスパンはたくさん噛むから体にもよさそう。

フロントに荷物を預けてチェックアウト。お昼まではハンブルクぶらぶら。昨日は休みで行けなかったブラームス記念館に行きたいのだ。ヨーロッパって月曜休みの観光施設多い。日曜日は地方だと電車やバスが少なかったりで、日程がうまくはまらないときがある。GW旅行ではメーデーもある。
DSC02918.jpg
今日もケチケチ徒歩観光。

ヨーロッパパッサージュ、お店は閉まっているけど中には入れる。コーヒー屋さんはもう始まっていたかな。ショートカットでここを通る人が多かった。
DSC02924.jpg

ヨーロッパパッサージュだからなのか、床にはヨーロッパ各都市名が書かれている。なぜかリュブリャナを撮ってきた。それにしてもなぜリュブリャナまで。
DSC02926.jpg
また龍の橋とか見たくなっちゃったじゃないか。

朝陽を浴びる市庁舎。
DSC02932.jpg

ブラームス記念館は10時から。ゆるゆると歩いて行く。
ニコライ教会
DSC02943.jpg

DSC02944_13.jpg

DSC02952.jpg

ミヒャエル教会
DSC02961.jpg

そのにあった”フンメル”さん。
DSC02970.jpg

DSC02973.jpg

開館前にブラームス記念館に到達してしまった。チケットはこの「KQ」で買うらしいが、こちらもまだ閉まっている。
DSC02981.jpg

パンを入れたような紙袋を持った学生さんが列をつくっているかのようにたくさん歩いてくる。近くにスーパーがあるんだ。時間つぶしのつもりで入ってみると、コーヒーのマシンがある。することないし一杯行きますか。
DSC02984.jpg

座って飲みたいので、近くのホテルのロビーお借りしました。すみませんというかありがとうございましたというか。
DSC02985.jpg
お礼にこのホテルの紹介だけでもLindner Hotel Am Michel
Posted on 2019/06/23 Sun. 09:20 [edit]  /  TB: --  /  CM: 2

pagetop △

四日目(5)【ハンブルク】(今日も考えない夕飯) 

ガイドブックにはアルトナ地区というのが割と大きく紹介されていたのでメトロで行ってみた。
DSC02878.jpg
駅降りただけで終わった。

さらに同じくページを割いて紹介されていたSternchanzeというところもSバーンで行ってみたが電車から見たところ、普通の駅っぽいので素通り。そのまま乗って内外アルスター湖の間を通って中央駅まで戻ってきた。
DSC02881.jpg

ちょいと休憩を取ろうとホテルに戻ったら・・・
部屋が掃除されていないぞ。なんだ?sobeタイプのホテル?

部屋のノブにかけたのは

こっちは「お休み中」なので
DSC02915.jpg

こっちが見えるようにしておいた。
DSC02916.jpg
Information in your roomって書いてある。
どっちも掛けないのが正解だったのか?

レセプションに行って替えタオルだけもらって再出動。

何でか忘れたけどメトロでヨーロッパパッサージュへ行って
DSC02884.jpg
ハンブルクのゆるキャラ的存在(?)なフンメルさん。

おなかが空いてきた。思い出せないけど最初からここで食べようとして来ていたのかも。もう少しお店探してみようよ!

フードコートの中、アジア料理が多い。いやいや、他のものを・・・と思うが、他がピザとかインドカレーとかだったらこういうのになってしまう。
DSC02885.jpg
パエリアのお店もあって惹かれたんだが、パエリアはやっぱり鉄板の上のをハフハフしながら食べたいですよね。昨日もそう思ったかな。

DSC02886.jpg

食べ終わって外に出るとまだ寒くない。そんなところにアイス屋さんがあれば買うにきまっているさ。初アイスは当然ピスタチオ(in front of 市庁舎)
DSC02888.jpg

市庁舎はツアーじゃないと内部は見学できないらしい。でも入口のところだけなら。。。
DSC02891.jpg

まだ明るい。メトロの一日券がある。もう一度レーパーバーン行ってみるか。別にピンクの看板のお店がお目当てではないが。

今日は昨日のような行列はできていなかった。往年のビートルズファンと言った年齢層の方々がグループで聖地巡礼といった感じ。
DSC02893.jpg

帰りの電車から見た風景。午前中の影響か、人々や船などがミニチュアに見える。
DSC02903.jpg

まだ少し明るさが残っているうちにホテルへ。今日はこれらと夜を過ごします。
DSC02905.jpg

Posted on 2019/06/20 Thu. 12:55 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

四日目(4)【ハンブルク】(旧エルベトンネル) 

天気予報通り晴れてきている。コートもいらないほどだ。パーカー着てこなかったのはやっぱり正解だった。コートだけでも少し暑いかな。サングラスも初利用。

このあと、当初予定していたリューネブルクもチョコレート博物館も取り消しだ。エルベ川をくぐる旧エルベトンネル行ってみよう。

メトロの駅(Baumwall)へ。意外と距離がある。ホテルから歩いてきたのも悪い判断じゃなかった。
入口を探して迷って、どうにかこうにかホームに行けて、そこでさらにどうにかこうにか1日券を買って、ハンブルク初メトロ(乗り場は地上だったけど)。
DSC02846.jpg

降りるのは次のLandungsbrucken駅。案内板があったのでそれにしたがって行って。
DSC02847.jpg 

これですね
DSC02852.jpg 

このエレベータで降りるんですか。
DSC02853.jpg

それほど深くはないんだ。
道は2つあった。歩いてみましょうか。外は暖かかったけど、この中は割と涼しい。
DSC02856.jpg

こっちは歩行者専用だったのかな?
DSC02857.jpg

読めなかったけど、このトンネルの経緯が年代を追って説明されているんだと思う。興味があって一つ一つ読んで行ったら一日かかりそう。実際、じっくり読んでいる人もいたけど。
DSC02858.jpg

途中途中で両側からどのくらいかの表示がある。これを見ると全長約260mということか。意外と短い気もするが川幅を考えるとそんなものか。
DSC02859.jpg
260m歩くだけだとすぐ着いてしまう。

エレベータで上ったところからの写真。
DSC02865.jpg

対岸から車でトンネルを渡ろうとする車の列。車は確か有料。
DSC02867.jpg

朝からは考えられないほどのいい天気。気持ちいい。
DSC02869.jpg


DSC02870.jpg

帰りは船でと思っていたのだが、行き来する船はないみたい。それではまたトンネルを歩くか。

エレベータのタイミングが合わず、係の人に車用の方に乗りなさいと促されて。
DSC02872.jpg

復路は車も通れる方のトンネルを。
ん?こちらは20+150で170m?右と左で100mも違う?それはないでしょう。
DSC02874.jpg

帰国後調べたら、トンネルの長さは420mほどらしい。それではこの看板は何なんだろう?
ドイツと日本で1mの長さが違う・・・なんてことはないと思うが・・・
Posted on 2019/06/18 Tue. 12:23 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

四日目(3)【ハンブルク】(ミニチュアワンダーランド-2) 

これは新作製作中の場でしょうか?
DSC02757.jpg

夜のバチカン。数分おきで昼から夜に変わるのだ。夜は夜でステキなんだけど、夜が意外と長いんだな。もうちょっと明るい時間多めにしてほしいかな。
DSC02758.jpg

窓ふき、命綱してるのかな?
DSC02762.jpg

ヴェネツィアだったか。こんな街中でトップレス。捕まっちゃいませんか?
DSC2763.jpg

大運河渡るゴンドラはみんな立ってるんですよね。バランス崩した落ちちゃいそうだけど。。。
DSC02766.jpg
水はこんなにきれいじゃなかったよ。

DSC02776.jpg

ノイシュヴァンシュタイン城と太いダクト
DSC02785.jpg

けんかをやめて二人を止めて
DSC2791.jpg
みんなそっぽ向いている

事故には気を付けましょう
DSC02794.jpg

サンタさんの団体旅行?
DSC2803.jpg

I Love You 答えてくれ(二つめ)
DSC02806.jpg
愛さずにいられない馬鹿もいる

巨大ピザ作成中
DSC02807.jpg

DSC02811.jpg

殺人現場に林檎は落ちていない
DSC2822.jpg

崖から落ちそうになっている車、スーパーマンが助けに来たところ。飛ぶのが速くてぶれている。
DSC02827.jpg

この角度から見るとひもがついているのがわかる
DSC02828.jpg

アポロ11号の月到着シーンはスタジオで撮ったって説があった気がするが、これはそれのこと?
DSC02829.jpg

楽しかった~。この頃はもう人一杯。各セットに人垣ができているほど。一番前で何度も見たし、この辺で引き上げよう。8時過ぎに入ったからお昼休憩とあわせると8時間近くいたことになる。

「子供も楽しいけど大人も楽しい」という評判だったが、その通り!むしろ大人の方が楽しんでるんじゃないか?


DSC02832.jpg




Posted on 2019/06/16 Sun. 09:20 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

四日目(2)【ハンブルク】(ミニチュアワンダーランド-1) 

DSC02643.jpg
開場からまだ何分も経っていないので、列もできてなくて入場もスムーズ。スマホをピッとして入場。

今朝予約してカードで支払っておいて、送られてきたQRコード付きのメールを見せてOK。
「便利だなぁ~」と昭和の人間は思う。

コートは暑いなぁ。預かってもらうか。一度入場してしまったけど、事情を説明して戻してもらって。
すまんのぅ((c)たかし師匠)

1アイテムいくら(1ユーロだったか1.50だったか?)という表示がある。コートとマフラーと傘で3アイテム、「コートのポケットに入れれば1アイテムかな・・・(・・∂) 」などと考えながら係の人に声かけたら、「1アイテムでいいですよ」って感じの優しいお言葉。それではお願いします。

入場したフロアは土産物屋。ちらっとだけ見て上のフロアへ。

何かのイベント?一人一人は米粒ほど。
DSC02644.jpg

国別の入場者数でしょう
DSC02646.jpg
日本人としては36153人目のようだ。ここを通るたびに数字が増えて行ったから、入場するごとにカウントされているんだろう。
ノルウェーとトントン。ルクセンブルクはさすが隣国、人口は59万らしいので20人弱に一人が来ている計算になる。

同じフロアにあったのはイタリアのヴェネツィアとローマ!

ヴェネツィア!ジュデッカ島の隣の島の塔から見るとこんな感じだったかなぁ?
DSC02683.jpg
一昨年の9月楽しませてもらいました。

IMG_20190429_154936-612x816.jpg

スペイン広場
DSC02719.jpg

コロッセオ
DSC02663.jpg

外側では
DSC02839.jpg

自撮りしてる人もいれば帽子売ってる人もいる。自撮りってこの角度じゃあまり面白くないんじゃない?帽子店はお巡りさんが見回りに来たらすぐに店終いできるタイプ。
DSC2665_.jpg

修復作業は白くまくんと黒クマくんが力を合わせて進めている。二人とも、いや二熊とも手慣れた感じ。
DSC2839_.jpg

トレビの泉、人気薄
DSC02796.jpg

サン・ピエトロ広場
DSC02674.jpg
朝一にちかいとこのくらい空いている

修道院のサッカー?
DSC2673_.jpg

広場の中央のトイレ?相当せっぱつまっても使うかどうか?赤の上着の人は使おうかどうか迷ってるところ?
DSC02679_.jpg

強盗と決定的瞬間をとらえたカメラマン?
DSC02681.jpg

ミニチュアの展示は2フロアあって、上のフロアに行くと空港。これかかなり本格的で驚いた。
DSC02686.jpg

愛用のターキッシュが一番手前
DSC02687.jpg

数分ごとに飛んでいくんですわ。
DSC02693.jpg
着陸もありました。

ANAも
DSC02698.jpg


飛行機から降りてきた人たちまで精巧に。DSC02699.jpg

Arrival/Departureのボードまで
DSC02729.jpg
飛行機が飛ぶ音も迫力ありました。

他にはスキー場も
DSC02710.jpg

アルムの森ではおじいさんとクララ、右はロッテンマイヤーさん?
DSC02713.jpg

ハイジとペーター。ペーターはちょっと違うかなぁ。
IMG_20190429_223445-612x816.jpg

普通のカメラではミニチュアの人はなかなかうまく撮れない。ピントが合わない。ハイジとペーターはボケボケでスマホで撮ってみたのが上の写真。ちょっとはマシかな。

がん保険のCMはこれをヒントにしたのか?
DSC02715.jpg


サッカーしてるのは分かるんだが、ボールがいくつあるのか?DSC02733.jpg

荷物を運んでいるのか、曲芸の練習なのか?
DSC2738.jpg

これも曲芸の練習?リオのカーニバルの途中で抜け出してきてる?
DSC2741.jpg

こんな雪が積もっているのに「着るな」駅とは。
DSC2743.jpg

ペンギン一家が飼い犬を連れて電車を待っている
IMG_20190429_214237-816x612.jpg

コペンハーゲンで見た彼女?
DSC2745.jpg

I Love You答えてくれ
DSC02748.jpg
答えてくれそうもない

いやぁ、楽しい楽しい。早く来てよかった。夕方来てたら時間足りないよ。
リューネブルクはもちろん、チョコレート博物館もパスして今日はいたいだけミニチュアワンダーランドで過ごそうと予定変更。

11時過ぎだけど昼飯にしよう。今ならまだ混んでいないだろう。
食堂は土産物屋があるフロアだったかな。このようにルートの入口でトレイを取り、滑らせながら欲しいものを注文したり取っていくシステム。
DSC02749.jpg

魚のフライト、いや、「フライ」とクロワッサン、オレンジジュース。
座席は電車のボックス席のようになっている。今日はボックス席独占。DSC02751.jpg


この食堂、後で休憩に来た時も満席というほどではなかった。

ミニチュアの展示フロアに椅子がほとんどなくて、ここまで椅子を借りに来たのだった。


ミニチュア作成スタッフの作業も見ることができる(ちょうどいないときだったみたいだけど)。DSC02754.jpg

一通り見たはずだけど、見逃しているネタがまだまだありそう。
続きは午後の部へ

Posted on 2019/06/13 Thu. 13:09 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

四日目(1)【ハンブルク】(今日も朝から雨) 

四日目の朝。

ハンブルクはこの旅行唯一の連泊。
そしてこの日は月曜日。お休みのところが多いのだな。

この日のメインは月曜日も開いているミニチュア博物館。夜中に目が覚めたときに調べたら予約しておいた方がよさそうだということ。サイトを見てみたら朝一(8:00)と夕方からならまだ空いている。ギリギリセーフだ。予約しない場合の予想待ち時間も書いてあって、午前中でも10:00過ぎだと2時間待ちだとか。結構な人気じゃないですか。

そして午後はチョコレート博物館かリューベックか、あるいは両方か。午後になってから決めるか。

このホテルは朝食別料金。駅まで行って何か買って来よう。雨は降っていない。
DSC02628.jpg

DSC02629.jpg

帰りは傘は不要なくらいだけどポツポツ来てしまった。こりゃ普通に降りそうだ。

パン屋さんでパンを、売店でカフェラテとフルーツを買ってきた。このフルーツが1.50ユーロってのは割と良心的な値段ではないか?朝食を買うときはパンとコーヒーだけのときが多いが、つい買ってしまった。同じ大きさ同じ値段でイチゴだけのもあった。これはイチゴがひとかけらも入っていない(~ヘ~;)。
DSC02631.jpg

今日も出発時はコートと赤いマフリャー。パーカーは着ていないようだ。ちょっと寒いけどミニチュア博物館の中なら寒くないだろうし、午後は晴れるという予報を信じたんだろう。
DSC02632.jpg

中央駅から電車で行こうかホテルから歩いて行こうか考えたが、中央駅までと最寄駅からも歩くし、9時までに電車に乗る場合は一日券が少し高いということで、ホテルから歩く方を選んで。

やっぱり雨降ってきましたわ。霧雨が大粒になったような感じの降り方。
DSC02634.jpg

not only 雨、but also 少し風状態
DSC02638.jpg

google map先生のおかげでまっすぐ来られた。でも入口は地味で気づきにくい。
DSC02642.jpg
Posted on 2019/06/11 Tue. 18:10 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

三日目(7)【ハンブルク】(復路も歩きで) 

「帰りはメトロがいいかな・・・」と思ってたものの、どんどん歩いてきてしまった。
DSC02571.jpg

DSC02577.jpg

DSC02580.jpg

DSC02587.jpg

市庁舎まで来た。
DSC02591.jpg

DSC02594.jpg

内アルスター湖。噴水の向こう側はメトロが走っている。
DSC02598.jpg

市庁舎のそばにあるEurope Passage。フードコートには各国料理が備わっている。スペイン料理もあってパエリアに気持ちが傾いたけど、やっぱりパエリアは鉄板に乗ってるのをハフハフしながら食べたいかなぁ。
DSC02605.jpg

饅頭は売ってなかったみただけど。
DSC02610.jpg

Europe Passageでは食べずに駅まで戻ってきてしまった。ユーロは前回旅行の残りが少しあるけど、明らかに足りない。両替屋も見つからなかったし、思い切ってクレジットカードで下してみるか。(アメリカ滞在時に友人の手ほどきを受けて下したことはあるが、それを除けば初めて。アメリカ滞在時って・・・20世紀ですよ。)
  DSC02611.jpg
案内に従って、200ユーロを下してみるが・・・
金は出ずにカードだけ出てきた!
「なんだこれ?取られた?」
200ユーロ取られた?海外旅行者のブログとか見ると、カードが戻ってこないなんて話もあった気がする。その手のハナシか?

最近作ったカードで、見てみたらInternationalって書いてない。それでかなぁ?
懐疑的になりながらもInternationalと書いてある別のカード使ってみようと思うが。。。
またカードだけ戻ってきてってのも嫌なので、最少額の50ユーロ。。。どうだ?

出てきた!やっぱりカードがいけなかったのかなぁ???
でもまぁ、これでATMを使う自信が付いた
「何度目の海外旅行なんだ」といいたい)

(帰国後確認してみたら、最近のカードは海外でのクレジット機能はないみたい)

安心したらお腹が空いた(しなくても空くけど)。駅の周りを歩いたけどそれほど食べたくなる店はない。駅に戻ってフードコートを探して・・・
ってことは
DSC02614.jpg
こうなりますわな。まったくもう、昼は米、夜は麺。昨日のコペンハーゲンもだったけど、ソースの種類を聞いてくるんだな。ウィーンでは聞かれなかった気がする。

DSC02613.jpg
でも、これで3ユーロってスゴいな。作ってくれたままを食べられるし。

駅まで来てしまったらホテルも近いし、どこに行きたいってのもない。まだ少し明るいけどホテル戻るか。
DSC02615.jpg
繁華街の方のibisの方がよかったかなぁ???

Posted on 2019/06/09 Sun. 15:35 [edit]  /  TB: --  /  CM: 2

pagetop △