続・小心者の旅行遍歴

 

十日目(4)【ワルシャワ~東京】(冷や汗帰国) 

 一緒に電車で空港に戻って、
DSC04803.jpg
 

去年のプラハもそうだったけど、荷物チェックを間はアニメーションで持ち込み禁止などの案内。
DSC04804.jpg 

ちょうど出発一時間前の14:10、見事に計算どおりではないか。
DSC04806.jpg 

チケットに書いてあったゲートの23Nの場所を確認。そして土産物屋へ。

チョコレート買いまくり。渡すところもそれほどないのに、ついつい「これ食いたい、あれも食いたい」と手が伸びてしまう。
その結果がコレですわ↓↓↓
blog_import_5ce61d09d2d07.jpg

 blog_import_5ce61d09930d3.jpg
半分以上自分で食ったわけだ。
 
つられて彼女も買っていた。

さて、30分前。両手にチョコレートを入れた袋をもって、さっき確認した23Nへ・・・
・・・って
ほとんど人いないじゃん

どうなってんの

カウンターに女性が一人いるが電話中。成田行きもう閉まっちゃったの?
まずいまずい!
こういう場合どうなるんだ?
別の飛行機に乗せてくれるの?
でも遅れたんだからこっちの責任だよなぁ。自分で飛行機代別途払わんといかんだろうなぁ。
土産物屋付き合わせたようなもんだから、彼女の分もは払わんといかんかなぁ?
電話早く終わらせてよ!

というようなことが頭をよぎらせているところ電話が終わった。

 The Gate to Narita Closed? (文法なんか気にしない派)
 Check the Board!

ってことでボードを確認すると、成田は19N-20Nになっている。

 急ごう!

と二人で走るが、23から19-20なので近いはずなのについたてなどがあってまっすぐいけない構造になっている。

でもなんとか間に合った(15:00)。
DSC04807.jpg

ここからバスに乗って飛行機へ。もしかしたら最終バス?
自称慎重派だが怪しくなってきた。

お待たせしました(15:10)
 DSC04808.jpg

席に着くまですでに待っている搭乗客に「遅れてスミマセンと、心の中で謝りました。

おやつで心が落ち着いて
 DSC04810.jpg 

一度目の食事、味は・・・
DSC04812.jpg 

ちょうどこの時間帯、ロシアで飛行機事故があった クワバラクワバラ
DSC04811.jpg 

二度目の食事
DSC04818.jpg 
下の台が結構見えてる・・・
質・量共にでしたねぇ・・・

無事成田着いてくれればいいですよ。

ワルシャワの寒さと打って変わって成田は暑くて、ワルシャワで会った女子がアイスおごってくれました。ありがとうね。


--------------------------------------
 ここから反省室
--------------------------------------

一番上の写真、拡大すると
war.jpg
成田行き、ちゃんと19N-20Nって書いてあるんですよね。

案内モニタは写真撮るためじゃなくてゲートや時刻変更を確認するところ


なんですよね。

---
最後は急ぎ気味でしたが、春旅行はこれで終了。

来週から夏旅行行ってきます






スポンサーサイト



Posted on 2019/08/31 Sat. 17:06 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

十日目(3)【ワルシャワ】(こんなんだったか?) 

お昼は行きたい店があるということを伝え、それまでは特に目的はなく旧市街ぶらぶらするということで合意して一緒に街歩き開始。

ショパンの心臓
 DSC04751.jpg

教会の外では映画の撮影
DSC04754.jpg 

ショパンのベンチがあって、
 ボタン押してごらん
と言って押してみたが、何も鳴らない。
 去年はショパンの曲が流れたんだけどねぇ
知ったかぶりっぽくてちょっと恥ずかしい

DSC04759.jpg 

Flix Exchange
DSC04761.jpg


この広場、何て名前なんだろう???とガイドブックを見たら・・・「旧市街広場」。そのままじゃないですか。
DSC04763.jpg 

Flix Umbrella
DSC04768.jpg 

歩いていくとキュリー夫人博物館がある。去年入ってないし、寒いし入ってみようか(なんて言ってはキュリーさんに申し訳ないけど)。
DSC04771.jpg

元素記号があった。
 僕の時代は「水平リーベ僕の船」って覚えたけど・・・
 
今もそうですよ

こういったのは流行というものはないか。
DSC04773.jpg 

DSC04779.jpg 

日本語版パンフレットは品切れ
DSC04789.jpg 

Flix Blanketが必要な気候
DSC04790.jpg 
「この人は何を撮っているのだろう」とか思われてたかもしれん。

寒い~。ここのところ、アイスは最初の最後はピスタチオなのだがなぁ。それを彼女に言うと
 だったらアイス食べなきゃダメじゃないですか
 うーん、お昼食べて体温めてからにしよう
でも、今日は全然アイスな気分じゃない。お昼食べてアイスな気分になれるか?

ちょっと早いけど昼飯行こうか。
入る店と食べるものは決まっている。
彼女も僕の熱意に押されたのか、同じもの頼んだ。

寒いのでまずコーヒー
DSC04795.jpg 

しばらくして来たっ!・・・ん、ちょっと違う感じがする。こんなに大きかったかなぁ?パンもちょっと違う気がする。
DSC04796.jpg 

いや、中もこんな色じゃなかったぞ。
お店は分かるように去年撮った写真が見えるようにしたけど、このジュレックの写真は今見ることができない。
DSC04798.jpg 

去年のブログに肉がゴロゴロって書いた気がするんだが、入っているのは肉じゃなくてソーセージ。
肉の質を落としてパンで嵩を増やそうとしたか?
肉ゴロゴロをイメージしてわざわざワルシャワ一泊して食べに来たんだが・・・

でもスープはおいしい。パンもおいしい。でもこれ、どうやって食べるのが正解なんだろうな?

ちょっと時間がたつとパンの内側がスープの熱ではがれやすくなって、スプーンでほじくれる。しかしこうやって食べてはパン自体の柔らかさが台無しだ。パンは外側の固いところと一緒にスープと一緒に食べるのがよさそう。

力説していただけに、彼女も「おいしいです」と言ってくれたが本心だったかなぁ。。。

二人ともパンは半分くらい高さまで食べたところでノックアウト。あまり時間もないし、この辺でごちそうさま。

ここで確認、去年撮った写真を。
 キャプチャ

中身
 キャプチャ2

ブログ

やっぱり違うよなぁ。。。

DSC04800.jpg
それではショパン記念館へ。秒読み中お土産を確保。去年は建物の中に土産物屋がなかったんだ。

駅へ。中央駅からの13:31は間に合わないが来るときに降りたしょぼい駅の13:37は大丈夫だろう。
歩いて歩いて。
DSC04802.jpg 
結局アイスはダメ食べる気おきなかった。


Posted on 2019/08/30 Fri. 14:07 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

十日目(2)【ワルシャワ】(市内で再会) 

電車は8:40発。通過駅を見るとWarsawa Centralみたいな文字が流れているからこれでいいんだろう。

う~ん、天気は良くならない。せめて降らないでくれと思いながら中央駅へ電車は向かう。
電車から文化科学宮殿が見えて、その後Ochota駅に止まった。去年泊まったホテルはこの駅の前にあるが、その時空港から乗った電車はここには止まらなかった。違う路線なのかな。まぁともかく次が中央駅だろう、もう一駅。

次の駅、これどう見ても中央駅じゃない。しかし、Google Mapの現在地、中央駅付近をを示している。停車時間も長い。ここで降りよう
DSC04732.jpg 

ホームも地下通路もあまり歩いている人もいない。
DSC04733.jpg

外への出方もよくわからず、どうにかこうにか上りの階段を見てけて文化科学宮殿。やっぱりここでよかったんだ。
DSC04734.jpg  

ワルシャワにまでこのカラーが!
DSC04735.jpg 

去年両替したレートのいいところに向かう途中
buy .0315 sell .0369
空港よりはいいがもう少しいけるでしょ
DSC04736.jpg 

ここだ!
buy .0340  sell 不明
DSC04738.jpg 
素晴らしいレート、3000円をズロチに。

中央駅もホームによっては人がいない。。。
DSC04739.jpg 

中央駅と
IMG_20190505_162049-816x612.jpg
 
降りた駅で空港行の電車の時刻を写真に撮って・・・
IMG_20190505_162355-816x612.jpg

フライトは 15:10、チェックインも済ませているし一時間前に着けばいいだろう。
中央駅からの13:31、あるいは降りた駅からの13:37に乗るとするか。

さて、それでは短いながらもワルシャワ歩き。

工事現場にもこのカラー
DSC04744.jpg

短時間で昼飯以外これといった目的があるわけではないので旧市街へ。

イスタンブールの空港でいつもお世話になるNERO。新空港にもあるのかな?調べに行ってきます。
DSC04746.jpg 

トラムの通りからクラクフ通りに入って、
DSC04747.jpg 

ショパン記念館に寄り道。11時からなのでまだ開いていない。
俺だけのショパン記念館だけどあまり意味がないな。またあとで来よう。お土産を頼まれているんだ。

クラクフ通りに戻る途中、こちらに向かって歩いてくるのは見覚えのある日本人女子。駅のチケット売り場で会った子だ。
 あら、ショパン記念館行くんですか?
 はい
 まだ、やってませんよ

少し話が続いた。ショパン記念館もそれほど行きたいと思ってるわけではないらしい。
 これから旧市街に行きます
 
ついていってもいいですか?
ってことで、ここから一緒に観光。彼女はバスで旧市街に来たらしい。

彼女はトルコから帰る途中で、乗り継ぎの間観光するつもりだったらしい。トルコがメインなので、ワルシャワはおまけ。あまり詳しくなさそう。

着ている服もトルコに合わせていて、日本のGWくらいの服装。寒そうブルブル。何しろ8時の体感温度が2℃ですもん
こっちもコート(薄ダウン抜き)着てマフラーしてても寒いくらいですもん。

kion.jpg 

Posted on 2019/08/28 Wed. 14:54 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

十日目(1)【ワルシャワ】(朝食~シャトルで空港へ) 

最終日の朝、午前0時過ぎに寝たのにも関わらず5時起き。朝食開始は6時と早いがそれよりさらに早起き。

朝食まではワルシャワ情報を確認したり、荷物を整理したり。
いつものことだが、一泊なのになんでこんなに散らかるのか。ビデオを撮って早回しで見てみたい・・・と思いながら。

道が濡れている。夜のうちに降ったのかな?
DSC04711.jpg

6時になって、朝食会場へ。

レセプションの横には空港近くのホテルらしく、離発着の予定が表示されている。
DSC04713.jpg

 空港に近いんだから朝早い便で発つ人がいるだろうから、6時でも何人かいるかと思いきややっぱり一番乗り。
DSC04716.jpg

さすがヒルトンの名の付くホテル、★★★としては立派な朝食。
DSC04714.jpg 

 DSC04715.jpg
 
今日はこのメンバーで・・・っていつものレギュラーメンバーだ。
DSC04718.jpg 

食べている間に数人来た。日本人の男性も少し離れたところに一人。

・・・うーん、自分の食べる音がうるさくないか確認しよう。人のふり見てわがふりなおせだ。

ここ、オレンジジュースがおいしい。二杯飲んだあと、参考までにもう一つのフルーツジュース飲んだら・・・それほどでもない。最後はいい印象で終わりたいので、オレンジジュースもう一杯。おなかタプタプ・・・昨日も同じこと言ってたよ。

ごちそうさまでした。

最終日、飛行機は15:00過ぎ。空港でチェックインして荷物預けて、それまでは市内観光だ。
去年見ているので前日もドイツ泊でもよかったのだが、去年食べた王宮近くのお店のジュレックをまた食べたくてワルシャワ泊にしたのだ。

ホテルから空港も30分おきにシャトルがある。8:00がよさそうだ。DSC04720.jpg

チェックアウト時にシャトルに乗りたい旨を伝えて、ロビーで待っているとバンが来た。
乗ったのは6人くらいだったかな。ほぼ満席。

昨日は地下のタクシー乗り場からで歩道のない道を通って、歩いては行けないと思ったが、この日は地上2Fくらいの出発フロアへ。それほど遠くはなく、明るいうちならコロコロさせても歩いて行けそうな感じ。bookiing.comだと700mってことだし、普通なら歩く距離だ。

チェックインして荷物預けよう。この天気だと傘は持っておいた方がいいな。それとサングラスも。天気がどうなってもよいように。
DSC04724.jpg 

チェックインはセルフで。画面に従って操作して、完了の暁には預ける荷物にまくシールまで出てきた。これも自分でやるのか。
それをコロコロにまいてカウンターへ。

昨日のタクシー代で去年の残りのお金はほとんどなくなった。ちょっと現金が欲しいな。

でも空港内の両替はレートが悪い。
DSC04725.jpg 
buy.0265  sell .0389  違いすぎ

ここも buy.0265  sell .0379
DSC04727.jpg

去年、中央駅近くでかなりいいレートで両替してもらった。あそこでやってもらおう。

電車のチケット売り場へ。

列はできていない。今買っている人の後ろへ。日本人かな?
覗いていたわけではないが、どうやら買えずに終わって列から離れたみたいだ。いいのかな?

次に自分。去年は分からずに近くの人に聞いたが、普通にやれば大丈夫だ。「20分券」ってのがあるこれでいいかな。カード入れて、PIN番号入力して成功!

買えなかった日本人(20代らしき女子)と目があった。次に並んでいる人がいないのでヘルプしてみるか?
 買えなかったですか?
 はい、うまくいかなくて・・・
 
ちょっとやってみますか。
って感じで、手伝ってみるもどうもうまくいかない。役に立たんなぁ

カードを2枚持っているようなので別のカードを使ったり、もう一台の自販機でやったりして数回目で買えた。

ふぅ、でも去年は自分の分さえ買えなかったのと比べればだいぶ進歩した。

 ありがとうございました
 
いえいえ、では

といって、電車の一人でホームに向かったが、彼女はどうすんだ?まぁいいか。
DSC04730.jpg
Posted on 2019/08/27 Tue. 12:34 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

九日目(7)【フランクフルト~ワルシャワ】(最終シャトルに間に合うか?) 

座席の割り当てられていない人がこのくらいいる
DSC04697_.jpg  

ようやく座席番号付きのチケットを
DSC04696_.jpg   
Boarding timeが20:10なのに、これを手にした時点でそれを過ぎている。

20:40フランクフルト発で22:15ワルシャワ到着の便、21:10発ということは22:45に到着ということ?最終シャトルが出る時刻に到着か。

日欧間みたいにフライトが10時間とかだったら取り戻せるが、1時間ちょっとのフライト時間では短縮は無理だろう。
せっかく空港内をコロコロさせてるのに。。。

ゲートを通してもらってバスへ(20:46)
DSC04699.jpg 

みんな早く乗ろう!(21:02)
DSC04700.jpg 

事前情報では泊まるホテルへはsawa taxiというのに乗れば、タクシー代はホテルが出してくれるとのこと。
ホテルからもこんなメッセージがあった。

午前10:45〜午後16:00が日中休憩と夜間休憩では輸送手段をご利用になる場合はホテルにご連絡ください。 +48 xx yyy zz 00の電話番号で24時間ご利用いただけます。空港送迎は宿泊料金に含まれています。

これ読むとどのタクシー乗ってもよさそうだけど・・・

フランクフルトを離陸、そして軽食
DSC04702.jpg

ワルシャワ到着したのはいいが、すでに最終シャトルが出てしまっている時刻。もうダメだろう。

でも一応シャトルの乗り場行ってみるか。(23:07)
DSC04703.jpg 

今日はここには用はなく・・・
DSC04704.jpg 

乗れないときはスムーズに場所を見つけられるものなのだな。
DSC04707.jpg 

記念に時刻表の撮影(23:17)
DSC04708.jpg 

ホテルは地図上では1kmあるかどうかといったところ。明るかったり場所が分かっていれば荷物があっても歩いて行ける。
しかし、23:00過ぎで荷物ありで初めてではやっぱりタクシーだ。

お客待ちのタクシーが10台以上いたがsawa taxiが見つからず、列の先頭のタクシーへイン。
 近くてすみませぬ
と思いながら、ホテルの場所を告げてクレジットカードが使えることを確認して発車。

タクシーは歩行者が歩けなさそうなトンネルを通って空港エリアを抜けて行った。

数分でホテル到着。
チップ入れて15ズロチ。高かったらホテルに聞いてみるつもりだったが、450円でこんなにすぐに着くならタダみたいなもんだ。

ドーンと払っちゃおう!

クレジットカードでと思ってたけど、去年のお金が20ズロチ残っていたのでキャッシュで。
運転手さん、ありがとうね。

最後のお部屋は今回最高級のコチラ↓
DSC04709.jpg 

Posted on 2019/08/25 Sun. 16:59 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

九日目(6)【マインツ~フランクフルト】(早目に空港へ) 

雨が降ってきた。
DSC04642.jpg 
雨が弱まるのを待つが・・・状況は変わりそうもない。傘あるしちょっと早いけど駅戻ろう。

駅に向かう途中雨が強くなって傘に当たる音が変わってきた。あられじゃないか???

それでも外の席を動かない人たちもいる。慣れてるのかな?
DSC04645.jpg 

強いあられのせいで、途中ろくに街並みも見ずに駅まで来てしまった。
フランクフルトから来た電車はグランドレベルに到着したが、その上にもホームがあるようだ。
DSC04648.jpg 

この駅、人の多さに比べて自販機が少ないんじゃないか?対人式のところも結構並んでいる。
はからずも余裕を持って駅に来たからよかったが、ギリギリだったら焦ってたかもしれない。

空港に行くチケットを買ったら晴れてきた。さっきまで雨が降っていたとは思えないほどのいい天気
DSC04653.jpg 

ホームに降りてもまぶしい!もう少し旧市街にいてもよかったなぁ。。。しかし今さらジローさんだよ。
DSC04659.jpg 

電車来た
DSC04662.jpg 
これでいいんですよね?

ライン川を越えて
DSC04664.jpg 

空港駅へ
DSC04665.jpg 

フランクフルト空港広い~
DSC04670.jpg 

どうにかこうにかチェックイン。座席がまだ決まっていない。。。
DSC04695.jpg 
席あるんだろうな・・・

いつもは当然のように荷物を預けるのだがこの日は機内へ

というのは、ワルシャワは空港近くのホテルをとっているものの到着が遅く、予定到着時刻の30分後くらいが無料シャトルの最終便。時間も時間で徒歩は厳しそうで、荷物が出てくるのが遅かったらタクシーで行かざるをえないのだ。

持込みできるのか微妙なサイズだが、係の人に聞いてみたらOKとのこと。無事、計画通り機内へ

コロコロさせながらだからあまり歩き回るのはよそう・・・と思うんだが、結局歩いてしまう。

愛用の髭剃り機、BRAUNはドイツ製だったな。
DSC04684.jpg

ワルシャワ着は22:00過ぎ。空港からホテルへは直行だしホテルの周りにお店はないだろうから、夕飯はここで食べとかなきゃ。

どこにしようか・・・と店を選んでいるところ、NESTEA発見
リューベック以来じゃないですか。少しづつドイツにもNESTEAが広まり始めているのだろうか?

ここで会うたも何かの縁。ここでパン買おう。
DSC04688.jpg

ルフトハンザのコーヒーマシンも近くにあった。
確かルフトハンザコーヒーマシン、タダで飲めた記憶がある。
パンと(タダ)コーヒーを夕食、NESTEAを食後と機内での水分補給に充てるとしよう。

コロコロさせながらパンとNESTEAの袋を持ってコーヒーマシンのところまで行くと・・・コーヒー2ユーロ。
えっ!そうだったんすか???
DSC04689.jpg

それでも空港内で2ユーロなら「お求めやすい」方に属するだろうから買おうと思ったが、ボタン押すだけではすまなそうな仕組みじゃないですか。

あっさりコーヒーはあきらめてパン
DSC04690.jpg 

with NESTEAの夕食。
DSC04694_.jpg  
後ろのマフラーは旅行直前まで持っていくかどうか迷ったけど持って行って大正解。
大活躍のお礼に搭乗、いや登場させてあげよう。

食べ終わって座席を求めてゲートへ。しかし・・・
出発が遅れるので、あとでもう一度来てくださいとのこと。ワルシャワ着大丈夫か・・・
Posted on 2019/08/23 Fri. 12:47 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

九日目(5)【マインツ】(シャガールの教会とか) 

ライン川へ
DSC04535.jpg 

この翌日がマラソン大会のようで、多分去年の大会の映像が流れている。
DSC04536.jpg

マインツの歩行者用の信号がかわいい
DSC04537.jpg 

ドイツのマンガのキャラクター?
DSC04538.jpg 

ロヴィニを思い出させる自転車
DSC04539.jpg 

DSC04549.jpg 

おっとっとっ・・・
DSC04555.jpg 
転びそうで転ばない

トラムが走る坂道を登って・・・
DSC04566.jpg

二人で示し合わせてこのスタイル?
DSC04568.jpg 
これ見てビビっと反応する人、他にいますかね?

シャガールのステンドグラスで有名な聖シュテファン教会
DSC04572.jpg 

ドイツ最初のリューベックでステンドグラスが質素で、他にも質素なのが多いように思ったけど、ここはステキ。
DSC04578.jpg 

DSC04593.jpg 

教会の中もなんとなく青
DSC04612.jpg
ドイツは黄緑とオレンジだけじゃない

DSC04622.jpg 


 


Posted on 2019/08/22 Thu. 12:45 [edit]  /  TB: --  /  CM: 2

pagetop △

九日目(4)【マインツ】(ドイツらしい昼食、いや、軽食) 

今は降っていないけどいつ降ってくるか分からない。傘を持ってマインツ旧市街へ。
DSC04480.jpg 

旧市街へ向かう道
DSC04483.jpg

この色が並んでいるのを見たら反応しないではいられない体になってしまった。
DSC04485.jpg

マインツが生んだ偉人、グーテンベルクさん
DSC04486.jpg

この日は土曜のせいかにぎやか。

出店もいっぱいでていて、それにつられてカリーヴルスト。
DSC04487.jpg 
手を汚さないように。。。

DSC04492.jpg 

カテドラル
DSC04497.jpg


DSC04499.jpg

DSC04505.jpg

マインツと言えば一番いいところに銅像もあった活版印刷のグーテンベルク。そのミュージアムへ。
DSC04531.jpg 

残念ながらここは写真禁止。

その分、展示物を見ながら書いたメモをお見せしたいところだが・・・今読んで何書いてあるのか分からん
(メモがひどくて恥ずかしくてお見せできない)

読めるところだけ抜粋すると、
3フロアくらいあって、印刷のための機械や印刷物などが展示されていて、日本の浮世絵もあったり・・・




Posted on 2019/08/20 Tue. 13:37 [edit]  /  TB: --  /  CM: 2

pagetop △

九日目(3)【フランクフルト~マインツ】(チケット売り場や乗り場であたふた) 

ホテルに戻って荷物を受け取って駅へ。

マインツはここからSバーンで30分ほどらしい。当初は前日はハイデルベルクからマインツに直行・宿泊し、この日にリューデスハイム(リューデルスハイムだと思ってた)にも行ってみようかという案もあったが、木曜夜の美術館延長が分かってフランクフルト泊にしたのだった。前日、疲れたからと言ってフェルメール観なかったら、何のためにフランクフルトに行ったんだということになっていた。いわゆる「後で後悔」ってヤツ。

ICEとかが走ってるグランドレベルでチケット探すけど、これはSバーンとは違うよね。この中央駅から空港行くときのSバーンは地下だった記憶がある。
DSC04473.jpg
 

地下行くとそれっぽい雰囲気。Sバーンのチケット売り場へ。大きな荷物を持った人が目立つ。日本人も多い。空港へ行くんだろう。

みなさん次々と難なくチケット買ってホームへ降りていく。飛行機マークがあるから分かりやすい。それに比べてマインツはどこ押せばいいんだ???

親切心か小遣い稼ぎか知らないが、知らん人が寄ってくるが。。。

日本の方が絶え間なくというほど来るが、空港に行く旅行者だろう。マインツ行きの買い方聞いても分からないだろうなぁ。。。

途方に暮れて何度目かのトライで・・・
DSC04474-1.jpg  

Mainz書いてあるじゃんか!ちゃんと見ようよ。でも、ここは分かりにくいですよね~
左側に書いてくれれば・・・

10分くらいかけてチケット買った後にホームへ
DSC04475.jpg 

ホームに書いてある路線図を見ると・・・
これ逆方向だ!

こっちだ。飛行機のマークもあるし荷物抱えた人もたくさんいる。
DSC04476.jpg 

慌てていたらハイデルベルクのバスに続いて逆方向乗るところだった。

マインツへ向かう電車は三つ目駅の空港までは立っている人もいるほど。
空港駅を過ぎると乗客は半減。

無事マインツ到着。

ロッカー、3.50ユーロ。
DSC04478.jpg
ではちょいとマインツ観光行ってきましょう。
Posted on 2019/08/18 Sun. 17:07 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

九日目(2)【フランクフルト】(ゲーテハウス) 

さて、行くってどこ行く?ゲーテハウスは10:00から。まだまだ時間がある。

今日も寒いままの一日になりそうおまけに雨。

frankfurt.jpg

体感温度1~2℃ですよ

フランクフルトは三回目だけど前二回は数時間の滞在。レーマー広場をうろうろしたのとマインタワーに上ったくらいか。カテドラルに行ってみますかね。

メトロもトラムも路線を調べるのが手間なので雨の中でも歩く。
DSC04397.jpg

ブラウンシュヴァイクにケネディプラッツみたいなところあったけど、ここにもケネディ。
DSC04400.jpg 

DSC04401.jpg 

もやはカテドラルは観光というより雨宿りに来た感じ。
DSC04408.jpg

もう旅行も最終盤、集中力も欠けてきて印象が薄くなってきてしまっている。
DSC04414.jpg 

でもこの色の組み合わせには瞬時に反応!
DSC04415.jpg 

ゲーテハウスに向かう途中のお店。スーパー加藤?
DSC04416.jpg

ゲーテハウスへ。10時少し前。数人待ち人がいる。みなさんは猛烈なゲーテファンでオープンを待ちきれずに来ているのかな?
DSC04468.jpg 

それほどのファンでもないので、近くの落書きの色の組み合わせの方に意識が行ってしまう。
DSC04421.jpg 

ゲーテの何を読んだかと言われると困ってしまう。夏の旅行のために「イタリア紀行」は読んでみたものの、行きのナポリのあたりでコースを外れてしまった。

オープンと同時にイン。入場すると早速こんな飾りが出迎えてくれる。
DSC04424.jpg 
 
受付のある建物から通路を通って隣の(?)建物に主な展示がある。
DSC04430.jpg 

100年休まずにチクタクチクタク
ゲーテさんと一緒にチクタクチクタク してたのかな?
DSC04433.jpg 

カテドラルの中にいたのはほとんど中国人だったが、ここは日本の方が多い。ゲーテファンが多いのかな?
DSC04439.jpg 

クララの家のモデルになったらしいゲーテハウス。悪さするとロッテンマイヤーさんが出てきて怒られそう。
アーデルハイド!」
DSC04446.jpg 

以前、クロアチアからの帰りにフランクフルトの乗り継ぎ4~5時間あって、ダッシュでここに寄ろうと思ったことがあったなぁ。ドブロヴニクの坂道に体力を奪われ、フランクフルトではなかなか降ろしてくれずそのときはかなわなかった。
DSC04451.jpg 

ゲーテハウスの内容についてはほとんど言及しないまま最後の写真。
DSC04458.jpg 




Posted on 2019/08/16 Fri. 15:22 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △