続・小心者の旅行遍歴

 

一日目(1)【イスタンブール~マルタ】(窓側は死守) 

 ようやくマルタ行きのゲートが確定。
gate.jpg

去年のポルトも近い。何年か前にタリン行きも乗ったけど、そのときはもうちょっと遅かったと思うな。

エスカレータを降りて割りと近いところでよかった。
DSC04857.jpg

この飛行機乗るのか
DSC04858.jpg

ヨーロッパ間の移動は窓側を取る。しかし座席に行ってみると先客がいる。
 おいおい、いい年して人の窓側とるなよ
と、怒るのも大人気ないか。

しかしせっかく取ったこの窓側席、横は翼でした

トルコの地を抜けて
DSC04859.jpg

朝食
DSC04861.jpg
さっき似たようなの食ったな。
水の左側にあるヨーグルトのようなの、好きじゃないんだよな~

海を見てるのかつばさを見てるのか?
DSC04865.jpg

空の旅も後半、アンケートに答えてみた。
おおむねいい方の答えだったが、「タッチパネルでの操作の良し悪し」という項目があれば「悪い」にしていたぜ。
DSC04862.jpg

いよいよマルタへ。
DSC04867.jpg

着陸!
DSC04870.jpg

スポンサーサイト



Posted on 2019/09/28 Sat. 18:22 [edit]  /  TB: --  /  CM: 0

pagetop △

0日目(2)【成田~イスタンブール】(広い広い新空港) 

ターキッシュは例によって一番遠くの47ゲート。歩いて歩いて歩いてようやく到着。
DSC04831.jpg

そういえばイチローが引退してシアトルに帰るとき、その便がイチローに敬意を表して51番ゲートを使った。こっち方面は47で一番奥だから51ってのはあさっての方向にあるんだろうね。

座席は指定していて、サイドの3席から2席に変わるところの通路側。(自称)長い足を外に出しても邪魔にならない席だ。

窓側隣はトルコ系(?)の男性で、何故か前後が友達のよう。隣同士の席にはしないのか?


機内の案内、去年は悪そうなヤツが悪いことをしてとがめられるようなのだったが、今年は穏やかなバージョン。
DSC04833.jpg

去年のキャラクター
DSC08272.jpg

一回目の食事はサバのフライ。ご飯の上に乗ってるのは梅ですよね。ここははずして。。。
ターキッシュのときの飲み物はsour cherry一択。
DSC04835.jpg

食後はコーヒーも飲みたくないほど眠くなってきた
本来機内で寝るのは上手じゃない。この日は朝3時に目が覚めてしまって、機内でも寝られなかったら初日はえらいことになると思ったが、それは避けられるか。

寝るといっても何時間とまとめて寝られるわけではなく、数十分ごとに目が覚める感じ。

冷房がよく効いていて二代目ウィンドブレーカーが早くも本来の力を発揮している。寒いはずだよロシア上空を飛んでたんだもの。
DSC04836.jpg

二度めの食事は洋食。メインのお皿にトマト、右上にプチトマト、オムレツの下にも薄く切ったトマト。 
DSC04837.jpg

前の空港に降りるときはボスポラス海峡(?)が下に見えて気分が上がってきたと思うんだが、今回はあまり海が見えない。

イスタンブール新空港に無事到着。

 いつか忘れていった こんなジタンの空箱~ (お約束)

降りたところで団体旅行の添乗員さんが「この空港は成田の8倍」と説明している。そんなにでかいのか。

動く歩道が先のほうまで続いている。動く歩道しか見えないといっても過言ではない。
DSC04842.jpg
とりあえず乗ろう。乗り継ぎ時間はたっぷりあるし、体力温存のために歩いてはいけない。
 
結局、これ(1つ50mくらい?)を5つ以上乗ったあとに下りのエスカレータがあった。
DSC04843.jpg

まだまだ先が長そう。

前の空港ならこのくらい移動すればフードコートでNEROのコーヒー飲んでるよ。

ここも動く歩道つけてくれないかな。歩いて歩いてドメスティックの乗り換え、
DSC04844.jpg 

さらに歩いてようやく国際線乗り換え。

さらに歩いてコンコース。
以前は左に数十メートル行けばフードコートだったのに何がどこにあるんだか。しかも広い。椅子はカフェなどの店にしか見当たらない。
DSC04845.jpg 

体を休めるためのゲートがこれまた遠い。歩いて歩いてワンフロア下にあるのを見つけた。
DSC04848.jpg

ちょっと椅子堅い。でも横になって休もう

少し寝て休んだ後はまたコンコースに戻って、ロフトのようなところでコーヒー。
DSC04852.jpg

DSC04851.jpg

ヨーグルトがメインのお店なのかな?

ユーロは使えたからよかったけど、トルコのお金持ってくるの忘れちゃった。
しかも、トルコのお金の価値を調べてくるの忘れて、スタンド的なお店はトルコリラ表示だったので高いのか安いのか分からず躊躇していた。


1~2時間見ただけだが、以前の空港と比べて感じたのは・・・
・以前はコンコースを外れると大きなお店がなかったが、新空港にはゲートが集まるところにもDutyFreeショップが目立つ
 (逆に言えばコンコースだらけ?)
・ゲートが集まるところの通路が広い
・ゲート間の間隔が長くなった(そのため降りたところから乗り換えまでの距離が長い)
・ゲート当たりの待合場所が広い(以前は座りきれない乗り場もあった・・・1F)
・NEROコーヒーがない

何がどこにあるか把握するためにはかなり回数をこなさないといけなさそう。
でもまあDutyFreeショップが多いので、自分的にはコーヒー飲めるところと体を休められるところが分かればいいって気もする。

---
元祖」の方で、20年余り前のアメリカ滞在時の国内旅行について書き始めました。
ゆるく続けようと思います。


Posted on 2019/09/25 Wed. 19:39 [edit]  /  TB: --  /  CM: 2

pagetop △

0日目(1)【成田】(出国) 

いつものように17:00過ぎにオフィスを出てっ​てのも今回が最後だろう。

「ターキッシュに乗ることはあってもそのために会社で着替えて成田に向かうことはもうないんだなぁ」などと思いながら駅に向い、ロッカーからコロコロを出して日暮里までの切符を買って入場したとこ​ろで不安になってリュックの中を確認した(さすが小心者)。クレジットカ​ード入れたケースがない。机に置き忘れたか​?恥ずかしいが会社に戻って、机の上や引き出しを確認してもない。もういちどリュック探​したら・・・あった

まったく、成田に着く前から何やってんだか。成田どころかまだ会社の最寄り駅だ。

駅に戻って今度は 替えメガネも探す。探し物は最後に見つかる​ってのは条例か何かで決まってるのかね
 
着替えたばかりなのに汗かいちゃった。そんなにアワアワしても 日暮里は10分ほど待つ。 いつもの写真。
DSC04824.jpg
珍しく前の方の車両だった。何回も乗ってるとさすがに電車がどっちから​来るかは分かるようになるもんだ。ちょっと寒い。

成田に着くころには暗くなっていた。前の車両だと階段が近くないんだな。

いつものように北ウィング方面のエスカレータに乗って。

チェックインはオンラインで済ませている。夕飯が先かシャワーが先か?昨年はシャワーが満室で入れなかった。リスクを考えると先にシャワーでそのつもりでいたが、シャワーは空いているというカンが働いて通常通り夕飯を先に。機内食もあるのでいつものように軽くうどん。

シャワー室へ。空いている。続いてい女性二人客が入ってきて彼女らも入れたよう。奥のほうの部屋を割り当てられたが、途中は空きの部屋が多い。前回がレアケースだったんだな。

春は午前の出発、昨夏は満室なので、シャワー室使うのは昨春以来か。

シャワーは水が付いてくる。くうたん。
DSC04825.jpg
ありがたいんだけど、これ出国までに飲まないといけないんだよな。
出国過ぎてからもらうシステムにしてもらえないかな。。。

オンラインでチェックインを済ませているので荷物預けはすぐ。

成田でのルーティーンで、用はなくても北ウィングへ。両替所が開いている。ここでやっていこう。用あった。
トレイにユーロが置かれて、そのトレイごと持って場を離れようとしてしまった。
 お客様、トレイは・・・
って、まったく何度もやってるのに恥ずかしい。「旅の恥はかき捨て」というが、もう旅は始まっててこれも捨てていけますかね。

北ウィングは最終便が早いのか、ほとんど人いない。
南ウィングに戻るときには、各店閉まり始めている。

成田のルーティーンで、缶コーヒーを買ってデッキで飲む。

そして1時間前に出国。
DSC04828.jpg 
イスタンブール行きは最終便で一番下・・・だけど時間変更で最終じゃないってのはいつものパターン。

出国審査は対人が一列と顔認証で済むのが数ケ所。顔認証は列ができていない。
スタンプが欲しいので対人の列に並んだ。係りの人が「こちらのほうが速いですから」と、顔認証の方に行くように促されるが「大丈夫です」
しばらくしてから顔認証でもスタンプ押してくれると言うアナウンスに気づいた。遅かった。しかしここで列離れるのもしゃくだ。そのまま。




Posted on 2019/09/22 Sun. 08:34 [edit]  /  TB: --  /  CM: 2

pagetop △

旅程(19夏) 

今回の旅程は以下の通り
 0. 成田......イスタンブール...
 1. ...マルタ
 2. マルタゴゾ島へ)
 3. マルタ......カターニャ
 4. カターニャカルタジローネへ)
 5. カターニャ......シラクーサ
 6. シラクーサ......ノート......ラグーサ
 7. ラグーサ......モディカ......シラクーサ
 8. シラクーサ
 9. シラクーサ......アマルフィ
10. アマルフィ(+ラヴェッロ)......カプリ
11. カプリ......ナポリ
12. ナポリ......イスタンブール
13. イスタンブール......成田

ここ数年の夏旅行は、9月の第一週の金曜日に有休をとり
 木曜の夜、11時半
じゃなくて、木曜の夜9:30頃のターキッシュで出発し、翌週は夏休み、敬老の日の月曜日に帰ってくるという9泊が定番だった。

しかし、今回は二日早いスタート。というのも・・・

9月末で現在の会社を退職するので(引退にはまだまだ早く10月から別のところで働く)、9月になれば有休消化でとり放題だと思っていたのだ(実際はそれほど取れていない)予約するときはもっと長くする手も考えたが、さすがに体力が持たないかなと思い、ヨーロッパ旅行最長タイの11泊で手を打った。

転職後は自由な時間は今より増える見込みなので、それで何をやろうかいろいろと計画しています。この旅行記に充てる時間も増えると思いますが、無駄に長いものにならぬよう気を付けます。

旅程決定のポイントは・・・

【目的地と到着・出発地】
マルタ・シチリア・チュニジアあたりを考えていて、チュニジアがアフリカの壁(?)に阻まれて落選。
マルタとシチリアで11泊だとゆったり過ぎるかなと思い、ナポリ周辺を追加。これでマルタ着+ナポリ発に傾いた。

【航空券】
GW旅行前から思い出しては航空券の値段をチェックしていて、旅行直前に値段上昇の傾向が見られた。
 「こりゃまずい、帰ってきたからじゃ遅い」
ということであわてて購入の決意。
ナポリ発は一日二便、10:40と20時ころで、前者はイスタンブールの街中に出ることができる。しかも、15000円位安かった。
 「イタリアが長くて飽きるだろう、イスタンブールでサバサンド食べよう(安いし・・・)」
ってことで、午前の便を選択。

【周遊地】
パレルモは行きたい(ナポリへの船も出ている)。シラクーサは絶対行きたい。シラクーサからノート・ラグーサも行きたい。
ということで、シチリアはカターニャからシラクーサ、ノートやラグーサを見てパレルモに行くつもりだった。しかし、シラクーサ~ノート~ラグーサあたりの移動に日曜日が絡む。日曜はこの辺はバスも電車もない。ちょっとずらさないといけない。
マルタからパレルモに飛んで数泊し、シラクーサという手はどうもあわただしい。
パレルモは次回(あるのか?チュニジアと絡ませたい)にし、カルタジローネを入れることでどうにか調整した。

【移動】
大きな移動は
 マルタ~シチリア
 シチリア~イタリア本土
前者は船か飛行機。船で悠々というのもあったが、時間的にそうもいかず飛行機で(しかも船の方が高い)。21:50発にして、マルタ最終日も夕方まで観光できるように仕組んだ(その分、カターニャ空港着が22:30)。

後者は「パレルモから船(夜移動)」を当初予定したが、パレルモには行かないことになったのでボツ。それならば電車。メッシーナ海峡を渡る電車。始めは寝台(9日目夜)でと思ったが、そうなるとアマルフィ・カプリがあわただしく、アマルフィが金曜夜でロケーションのいいホテルは高いのしかない。前日の木曜夜ならアマルフィのいいロケーションの手頃のホテルが残っている。
 「明るいうちに海を見ながら移動でいいじゃないか」
ということで、半日早く昼の移動に決定。

【結果】
シチリアはパレルモ、アグリジェント、タオルミーナなどを残してしまった。そういった点ではナポリ周辺には行かず、マルタ+シチリアにしてパレルモ(またはカターニャ)から帰国でもよかったかもしれない。しかし、それではメッシーナ海峡を渡る機会はもうないだろう。そう考えると今回のルートでよかったかもしれない。どれも一長一短で正解かどうかは分からないのだ。

ということにして、次回から本編を。
Posted on 2019/09/19 Thu. 17:44 [edit]  /  TB: --  /  CM: 2

pagetop △

夏旅行終了 

楽しかった夏旅行から帰ってきました。
毎日のように青い海を見て、「海というのは本来こんな色なのか?」と感動しました。
(子供のような感想)

今回のMVPは・・・ですね。

いつもは何かモノがMVPを受賞していましたが、その陰に隠れていつも足も活躍していました。
今回は活躍したモノがないからというワケでもないこともないのですが、丈夫なに感謝したい。
それと優秀選手賞はそれを支えた靴に。

何しろこれだけ歩きましたから。
20190917192930533.jpg


しかも、ほとんどが平坦じゃないところ。

夜は疲れても朝起きると回復している体力の貢献も忘れてはいけません。
今回も体力にモノを言わせる旅行になりました。
旅行はメンタルが弱くても体力があればなんとかなるんですかね。

では次回は日程を。




Posted on 2019/09/17 Tue. 21:47 [edit]  /  TB: --  /  CM: 2

pagetop △

夏旅行終盤 

いつまでも続くように思えた旅行も終盤戦。
20190913044620a3a.jpg

島から本土へ。
20190913044637b07.jpg

今回、階段を何段上り降りしたことか。
201909130446525cd.jpg


Posted on 2019/09/13 Fri. 04:55 [edit]  /  TB: --  /  CM: 4

pagetop △

夏旅行進行中 

マルタからもう少し大きい島に移って来ました。
20190909041201226.jpg

夜はスマホだとこのくらいが限界ですかね。
201909090412022f0.jpg

明日は別の色になってるといいな。
20190909041204a7f.jpg
Posted on 2019/09/09 Mon. 04:18 [edit]  /  TB: --  /  CM: 2

pagetop △

夏旅行開始 

夏はマルタからスタート。

初めて見るような色の海に感動してしまったので。
20190906045157253.jpg

こういうの何ブルーって言うんでしょうか?
20190906045219b10.jpg

個人的には「マルタブルー」と呼びたい。
201909060452206d1.jpg

まさに
 見たこともない海の色
でした。
Posted on 2019/09/06 Fri. 05:02 [edit]  /  TB: --  /  CM: 2

pagetop △

旅行準備 

春の旅行記が終わって間を空けずに夏の旅行の準備へ。

小心者は少しトラベルブルーにもなりながら準備する。

今回、初のメンバー入りとなるのは、

百均のTシャツ
IMG_20190901_114405-816x612.jpg
100円で買えるのか。
この前に一つ試しに買っていて、着て違和感がなかったので2枚プラス。合計3枚をコロコロの中へ。
寝るとき用で、捨ててきてちゃおう。その隙間に現地のTシャツを。

夏物靴下。これは3枚で1000円くらい
IMG_20190901_093100-816x612.jpg
昭和の人間なので、靴下は夏でも長めじゃないと落ち着かないと思って履いたことはないんだが、同じ枚数もっていくにしてもスペースが節約できるので買ってみた。一枚300円ちょっとなら、相当履き心地が悪くない限り往復切符組だ。

薄めのウィンドブレーカー。
IMG_20190901_093248-612x816.jpg 
モノとしては買ったばかりで初海外なのだが、製品としては3年連続出場

2年前のヴェネツィア共和国旅行から参加して、バスに置き忘れるピンチから復活し、ザダルではニュースになるほどの大雨から守ってくれたウィンドブレーカー。しかし、恩を仇で返すかのように去年の旅行の成田から日暮里のスカイライナーで忘れて着てしまったのだ(多分)。
(値段的には惜しくはないのだが、思いが詰まっているので京成に電話してみたが「ない」ということだった)

GUに行ったら同じのがあった。各種色はあったけど、もう一度赤で。いわば二代目。
もう一度同じことがあったら助けて欲しいぞ。

ここからは準備で読んだ本。

マルタ島に行くので、マルタに来る前のロードス島攻防記
IMG_20190901_125851-612x816.jpg
以前、図書館から借りて読んだと思うけど、行くということで買ってみた。
ロードス島にも行ってみたくなった。イスタンブールから船で(帰りは陸路で)なんてどうでしょう?

カプリ島用に「ローマ人の物語」ティベリウスが出てくるとところ。
IMG_20190901_125746-612x816.jpg

Posted on 2019/09/01 Sun. 16:04 [edit]  /  TB: --  /  CM: 2

pagetop △